著書

ニールス・ラーセンのアンプミュージックにおける音響についての著書、”Rock and Pop Venues – Acoustic and Architectural Design”がSpringer Verlagより出版されています。ヨーロッパ10ヶ国、75の会場におけるアンプミュージックライブの音響を分析している本で、その対象はバルセロナの小さなバーから、ロンドンO2アリーナまで多岐に渡ります。ニールスはこれについて、「私はレオ・ベラネクのコンサートホールに関する本のずっとファンだったんです。今回Springer Verlagより本のお話を頂けたのは何よりも光栄に思います。」と語っています。

本の詳細はこちら

ニュース

7000m2のaQtubesがユーロビジョン2014にて採用

7000m2のaQtubesが、700, […]

韓国の劇場でaQflex導入

韓国ウルサンで建設中の新しい劇場で、aQ […]

著書

ニールス・ラーセンのアンプミュージックに […]

BBC4でのメディア出演

ラジオプログラムBBC4にて、今日の様々 […]

クウェート文化センターにaQflex導入

aQflexがクウェートのシェイク・ジェ […]

ワンダイレクションのライブにてaQtubes採用

3300m2のaQtubesがアムステル […]

KraftwerkのベルリンコンサートでaQtubes採用

aQtubesはベルリンのニューナショナ […]

フィンランドのホールでaQtubes設置

サヴォンリナ、フィンランド サヴォンリナ […]